解雇されて再就職もままならないぼくが夢日記を書きます。

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

変質者に追われ、取引をもちかけられながらも、ぼくはフェリー乗り場を目指す

2013-12-14 (Sat) 09:43
またまたお久しぶりです。もう年末ですね。

理由は分からないけど、ぼくはフェリーに乗って鹿児島を目指さなければいけなかった。新幹線じゃだめなのか。

フェリー乗り場までは電車で行ったんだけど、そこで事件が発生した。
降りようとしてふと違和感を覚えて振り向くと、そこには鼻息の荒い太った女性が、ぼくに被さるように立ち、なんかぼくの頭を撫でたりなどしていたのだ。なんで今まで気付かなかったんだ。

ぼくは恐れおののいて奇声を上げながら下車した。どうして美女じゃないんだ。なぜピンクな夢にならないんだ。

太った女性を撒くように走ったために少々遠回りしたけど、フェリー乗り場の近くまでようやく辿り着いた。

何故か去年も来たことがある設定らしくて、乗り場の入り口もチケット売り場もまあ行けば分かるだろー、とタカをくくって行ったのだが、もう人も多いしなにがなんだかサッパリ分からない。これは困った。

そうこうしていると、あの太った女性がまたぼくのところまでやってきて、抱きついたりなどしようとしてきた。
寒い時期なのに汗かいてるし、口からは唾液が出てて気持ち悪いし、これは……本物の変質者だ! 大変だ!
ぼくは叫んだ。「助けてください! 痴漢です!! 漢じゃないけど痴漢です!!」

年末の警備をしていたらしい警察の人がすぐに来たけど、女性の方がしらばっくれるので、全然信じてもらえなかった。
色々と抗議したけど、結局諦めて、どうにか女性を引き離し、ぼくはフェリー乗り場を探した。

そうこうしているうちに乗り場に着いたはいいけど、チケット売り場が分からない。
なにせ様々なお店が軒を連ねていて、どこがなんなのかサッパリ分からないのだ。あと妙にキラキラしてた。

ぼくはなぜか道端に落ちていた500円玉などを拾いながら、チケット売り場を探した。
すると年末バイトに来ていた友達とバッタリ会って、ちょうどいいのでチケット売り場を聞こうとしたのだが、
「教えてもいいけど今度(なんか高級な)飯を奢れ」とか、ぼくが困っているのを良いことに取引しようとしてくる。なんだこいつは。ぼくの父のようだ。ほんとは父かもしれない。

それでなんか色々と言い合っていたらまたあの太った女性がやってきて、さらにややこしくなって、
ぼくは鹿児島に行けるの? どうなるの? ってところで目が覚めた。


久しぶりに書いたために文章の書き方とか、前にも増して変になってしまった。伝わるかな?

変質者が出る夢をたびたび書くけど、なんかそういう時は疲れてるんだなーと思ってください。変質者ってこう、いくら罵倒しても大丈夫だと思っているフシがあるらしくて、ストレス発散の目的で夢に出てきてる気がする。わりと最低だなぼく。

すっかり書く習慣なくなっちゃったけど、こんな感じでたまに更新していくので、気が向いたらまた読んでやってください。
スポンサーサイト
濃ゆい夢 | comments(0) | trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。