解雇されて再就職もままならないぼくが夢日記を書きます。

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

変質者に追われ、取引をもちかけられながらも、ぼくはフェリー乗り場を目指す

2013-12-14 (Sat) 09:43
またまたお久しぶりです。もう年末ですね。

理由は分からないけど、ぼくはフェリーに乗って鹿児島を目指さなければいけなかった。新幹線じゃだめなのか。

フェリー乗り場までは電車で行ったんだけど、そこで事件が発生した。
降りようとしてふと違和感を覚えて振り向くと、そこには鼻息の荒い太った女性が、ぼくに被さるように立ち、なんかぼくの頭を撫でたりなどしていたのだ。なんで今まで気付かなかったんだ。

ぼくは恐れおののいて奇声を上げながら下車した。どうして美女じゃないんだ。なぜピンクな夢にならないんだ。

太った女性を撒くように走ったために少々遠回りしたけど、フェリー乗り場の近くまでようやく辿り着いた。

何故か去年も来たことがある設定らしくて、乗り場の入り口もチケット売り場もまあ行けば分かるだろー、とタカをくくって行ったのだが、もう人も多いしなにがなんだかサッパリ分からない。これは困った。

そうこうしていると、あの太った女性がまたぼくのところまでやってきて、抱きついたりなどしようとしてきた。
寒い時期なのに汗かいてるし、口からは唾液が出てて気持ち悪いし、これは……本物の変質者だ! 大変だ!
ぼくは叫んだ。「助けてください! 痴漢です!! 漢じゃないけど痴漢です!!」

年末の警備をしていたらしい警察の人がすぐに来たけど、女性の方がしらばっくれるので、全然信じてもらえなかった。
色々と抗議したけど、結局諦めて、どうにか女性を引き離し、ぼくはフェリー乗り場を探した。

そうこうしているうちに乗り場に着いたはいいけど、チケット売り場が分からない。
なにせ様々なお店が軒を連ねていて、どこがなんなのかサッパリ分からないのだ。あと妙にキラキラしてた。

ぼくはなぜか道端に落ちていた500円玉などを拾いながら、チケット売り場を探した。
すると年末バイトに来ていた友達とバッタリ会って、ちょうどいいのでチケット売り場を聞こうとしたのだが、
「教えてもいいけど今度(なんか高級な)飯を奢れ」とか、ぼくが困っているのを良いことに取引しようとしてくる。なんだこいつは。ぼくの父のようだ。ほんとは父かもしれない。

それでなんか色々と言い合っていたらまたあの太った女性がやってきて、さらにややこしくなって、
ぼくは鹿児島に行けるの? どうなるの? ってところで目が覚めた。


久しぶりに書いたために文章の書き方とか、前にも増して変になってしまった。伝わるかな?

変質者が出る夢をたびたび書くけど、なんかそういう時は疲れてるんだなーと思ってください。変質者ってこう、いくら罵倒しても大丈夫だと思っているフシがあるらしくて、ストレス発散の目的で夢に出てきてる気がする。わりと最低だなぼく。

すっかり書く習慣なくなっちゃったけど、こんな感じでたまに更新していくので、気が向いたらまた読んでやってください。
スポンサーサイト
濃ゆい夢 | comments(0) | trackback(0) |

寝ようと思って家を訪ねて受付嬢に拒否される

2013-06-21 (Fri) 22:42
毎度お久しぶりです。

ぼくはとあるお方に後ろから抱きしめてもらって寝ようと思って、そのお方のお家を訪ねたのだが、
受付嬢みたいないかついおばさんが三人くらい出てきて、

「用があるなら事務所を通してください!」

と言われてしまった。
すごく親しいお方なので、言えば分かってくれる! どうか通してください! と、ぼくは懇願したのだが、受付嬢おばさんは頑なに拒絶している。

どうあっても通してくれそうにないので、ぼくはしょんぼりとうなだれて、そのお方をお家を後にした。


とかいう、いったいぜんたいどういう夢? と言った夢だった。
最近はこんな感じの短い夢しかみないな。
濃ゆい夢を見た後の、映画を見た後みたいな、あんな余韻が味わいたいんだけど、なかなか夢ってコントロールできない。
普通の夢 | comments(0) | trackback(0) |

ガラス細工工房に引きこもるおじいさんと秘密の部屋

2013-05-18 (Sat) 09:28
またまたお久しぶりです。

ぼくはふと思い立って、以前毎日のように通っていたおじいさんのところへ、久々に行くことにした。
もちろん現実にそんなおじいさんはいないけれど。

ガラス細工がキラキラと輝く綺麗なお店で、綺麗なお姉さんがお出迎えをしてくれる。
その人に、彼はまだ、この奥にいますか、となんとなくジェスチャーを送ったら、素敵な笑顔で肯定してくれたので、お辞儀をして奥へと入っていった。

一面キラキラしていたお店とは違って、奥の部屋は暗くて木が剥き出しで、日本家屋のような、古びた部屋だ。
おじいさんは更にその奥の、仕掛けをとかないと開かない部屋にいる。

ぼくは以前通っていた時の記憶を思い出して、棚の上から二段目の引き出しを開け、壁のパズルを並べ直すことで、仕掛けを解くことができた。
初めて来たときは、仕掛けを解くの大変だったな、となんとなく思い返しながら。

入ってきたぼくを、おじいさんはこころよく迎え入れてくれた。
以前と比べてずいぶん明るくなったようにおもう。昔は何一つ笑顔を浮かべず、誰にも心を開いていなかったのに。

話をするうち、近所の子供と思わしき子達がぞろぞろと入ってきた。
そしてその子供達を、おじいさんは笑顔で迎え入れていた。

ぼくはびっくりした。
あれから僕が来ていない間に、おじいさんは、こんなに他人と心通わせることが出来るようになったんだ、と。

ぼくは少し寂しさを覚えながらも、もう大丈夫なんだな、と安心して、部屋を後にした。


なんか珍しくストーリー性のある夢だったよ。
“以前”の話が何度か出ているのは、前にも似たような夢を見た気がしたからなんだけど、捏造記憶かもしれないので定かじゃない。

おじいさん、幸せになってくれるといいな。
普通の夢 | comments(0) | trackback(0) |

遊びに行ったらカップルが誕生した

2013-03-28 (Thu) 17:58
お久しぶりです。ずっとなまけてました。
またちょくちょく再開していけたらいいなと思います。

今日見た夢は、仲の良い男女4人で、休日に遊びに行く夢。

異性としての好きかどうかは分からないんだけど、ぼくはある人が気になっていて、
ずっと目で追っていたら、実はその人は別の人が好きだったらしくて、しかも両想いだったらしくて、
目の前でめでたくカップルが誕生するって、ちょっと切ない感じの夢だった。

いや、幸せならいいんだけれどね。お熱いキスまで見せつけられて、夢とはいえぼくのハートはズタボロだったよ。
幸せになってください。ええ。


というか、実際そんな人たちいないんだけどね。夢って不思議だ。
普通の夢 | comments(0) | trackback(0) |

解雇予定のぼくはトラウマで無様に震える

2012-10-10 (Wed) 11:42
お久しぶりです。
最近ほんとに夢を覚えてなくて書けませんでした。

そして久々に覚えていた夢は、前の会社の夢。

ぼくがもうそろそろ解雇されることが決まっている状態で、なんだかお葬式みたいな空気だった。

ぼくは、確かに失敗もよくしたけど、一生懸命真面目に仕事に取り組んでいたのに、解雇されるはめになるなんて悔しくて悔しくて、何かの拍子に涙がポロポロと出ていた。

そんな時、一枚のFAXが届いた。
うちの会社の営業の人が、営業先からぼく宛にFAXを送ってきたのだ。

内容は、言われた通りに、やることをメモして仕事をやってるのか、やってないからお前は人としておかしいんだとか、そんな内容のFAXだった。

確かにぼくはその営業の人からは嫌われてて、色々言われてたけど、そこまで言われる筋合いと思う。というかメモはしてた。

でもぼくはなんだかすごく怖くなって、本当に怖くなって、自分の机で無様にガタガタ震えていた。
上司は心配そうに見つめてた。

その様子を見ていたもう一人の営業の人が、別にぼくが悪いわけじゃない、連帯責任だからって言ってくれて、すごくありがたかったけど、やっぱりぼくは怖かった。

その日はずっと社長や営業の人に何か言われるんじゃないかってビクビクしながら仕事をしてた。


こういう夢を見ると、相当トラウマになってるんだなーと思う。正直今でも涙が出る。
普通の夢 | comments(2) | trackback(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。